2007-10-30

VC++>warning C4786

VC++6.0でSTLのヘッダーファイルを取り込むと、warning C4786が発生する場合がある。
これはデバッグ情報で使われる識別子が長すぎる警告。

これを避けるには、
#pragma warning (disable:4786)

を使えば警告が出なくなります。
posted by travis at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | VC++
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63470642

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。